初期費用なし。月額3万円からのレンタル自販機で新しい販路を作ってみませんか?

自販機レンタルでお店の商品が売れるんです

進化する自販機

24時間休まずに働いてくれる自販機。 今までは缶やペットボトルの飲料や、 タバコが一般的でしたが、 ここ最近では様々な機種が増え、冷凍品を販売できるものやお総菜などを販売できるタイプのものが出てきました。
テレビ、新聞や雑誌などでも新しいタイプの自販機の紹介をされることも増え、 同時に街中でも様々な商品を販売している自販機を目にする機会も増えました。 それに伴いお店で作っている商品の販路開拓を自販機できないかとご検討される方や、自社製品のアンテナショップ代わりに試してみたいとのお話も増えています。

自販機活用のメリット

1.お店の閉店後や休業日でも売上が上がる

自販機での商品販売には時間的な制約がありませんので、 早朝のウォーキングや、犬の散歩の時間にも、 お仕事などでお店の営業時間には立ち寄ることの出来なかったお客様にも買っていただくことができます。
※お酒自販機は販売できない時間帯があります

2.新しい顧客やその自販機にファンが生まれ、定着する

接客されるのが苦手な方はなかなかお店に立ち寄ってもらえませんが、自販機ならお店に入らなくても気軽に買い物ができるので、今までお店に訪れなかった方もお客様になってもらうことができます。 また、新商品など販売商品の入れ替えをこまめに行うことで、その自販機に固定のお客様が付き楽しみにしてもらえます。

3.自販機の商品ディスプレイスペースで商品のPRができるので、販売コストが押さえられる

通常、商品の紹介や販売にはそれなりのコストがかかります。 自販機をラッピングすれば、それだけでも看板広告代わりになりますし、 夜になれば照明が点いて、何もしなくても自然に目を惹かれます。 お店が閉まっている時間でも通りがかりの人の足を止めて、商品ディスプレイスペースで商品を良く知ってもらうことができます。

サイズの制約がありますが、様々な商品の販売が可能なので、 食品も飲料もおもちゃも同時に販売なんてこともできてしまいます。
またお店の商品だけでなく 委託商品を販売したりすることもできます。 多くの人たちは便利さや手軽さを求めて自販機を利用しています。 それと同時に、目新しさや楽しさを手に入れたい人たちもいます。 そして商品が目に留まって興味を持ったら、とりあえず買ってしまうという人も少なくないようです。
そういう意味では、自販機には底知れぬ可能性があるのではないでしょうか。

冷凍自販機

月額レンタル料55,000円(税込)

冷凍自販機では、ラーメン、そば、餃子、ピザ、カレー、お好み焼き、馬刺し、お総菜、カニ飯、などの様々な冷凍食品をはじめ、 アイスクリーム、ケーキ、大福などの冷凍菓子や、食品以外でも保冷剤、釣り餌などに利用可能です。

冷凍自販機で販売できる最大サイズはメーカーにより違いがありますが、 おおよそで横幅22センチ×奥行18センチ×厚さ5センチを目安として考えてください。 厚さについては、オプションでスパイラルピッチを変更可能ですので、もう少し大きくなっても大丈夫です。

冷凍温度は-19~-23℃となります。

冷凍自販機は屋内・屋外ともに設置が出来ます。

マルチラック自販機

月額レンタル料38,500円(税込)

マルチラック方式の自販機は、内部に左右2つの庫室があり、それぞれの庫室を冷蔵・常温の切替が出来ます。 それぞれに5列のストッカーがあり、合計で10種類の商品を販売することが出来ます。 商品棚はピッチを変更(最大10ピッチ)することで高さを変えることができ、仕切り板の調整も行えますので、商品のサイズに合わせて柔軟に対応が出来ます。
お総菜、パン、お菓子、やきとり、お豆腐などをはじめ、食品以外にも様々な商品販売が可能です。

※ラック下部から排出コンベアまでは商品が落ちる仕組みとなっていますので、こわれやすい商品には不向きです。

マルチラック自販機は屋内・屋外ともに設置が出来ます。

A 平容器(白)
145mm×95mm×40mm
油分の多い食品も入れられる専用容器。焼き鳥などに。
@28.5円(ロット600個)
B 平容器(和風)
145mm×95mm×40mm
和菓子や和風総菜に最適な専用容器です。
@37円(ロット600個)
C 平容器(白)
120mm×80mm×35mm
クッキーなどの焼き菓子に最適なクラフトの容器。
@33円(ロット1000個)
D 惣菜BOX(大)
146mm×90mm×68mm
サンドイッチやハンバーガー、惣菜を入れるのにオススメ。
@54円(ロット200個)
E 惣菜BOX(小)
97mm×97mm×75mm
焼きそばやチャーハンなどにおすすめの小サイズの惣菜BOX。
@34.5円(ロット600個)
F 丸容器
Φ100mm×45mm
アクセサリーやハンドメイドなどに最適な木目風の丸容器です。
@50.5円(ロット500個)
G 平容器BOX(大)
160mm×106mm×38mm
タオルや日用品、ギフト品などに最適な深型ボックス。
@24.7円(ロット600個)
H ビン容器
Φ60mm×125mm
アクセサリーや小物など壊れやすい物に最適なビン容器です。
@121円(ロット500個)
I プラ容器
Φ65mm×135mm
軽くて丈夫な厚手の容器。調味料、お土産などに。
@121円(ロット252個)
J 缶容器
Φ65mm×100mm
密封できる缶詰タイプの容器。白orクラフトから選べます。
クラフト @165円(ロット250個)
白 @154円(ロット250個)

スパイラル自販機

月額レンタル料44,000円(税込)

スパイラル方式の自販機は、スパイラルが回転することで商品を手前に押し出します。 オプションのスパイラルを使えば、スパイラルピッチを大きくすることもでき、 カップ麺などの大きな商品も販売可能です。 また、コンベアラックを使えば奥行の制限が緩和されますので、弁当や食パンなどの大きなものを販売できます。
搬送用のエレベータが商品の高さまで迎えに行きますので、商品落下の衝撃を押さえます。 温度設定は基本的には18℃前後となりますが、メーカーや機種によって冷蔵の可能なものもあります。

スパイラル方式の自販機は、実際に商品が見えるのが特徴で、屋内専用となります。

缶自販機

月額レンタル料33,000円(税込)

一般的なペットボトルや缶飲料の自販機ですが、COLD/HOTの切替が可能で、 チリソースやドレッシング、クッキー、缶ショートケーキ、コーヒー豆、杏仁豆腐、あんみつ、焼き芋、マカロン、食品以外にもコスメ品やアクセサリーなど、アイデア次第で色んなものが販売できます。

既存の飲料自販機でも販売できるオリジナル容器を各種販売していますので、商品が容器に入れば缶自販機で新たなお客様と出会いのチャンスです。

缶自販機は、冷蔵・加温可能で屋内・屋外共に設置可能です。

15セレクション、25セレクション以外にもご相談に応じます。

A クラフト缶(大小)
クラフト素材で作ったeco缶、ナチュラル雑貨などにおすすめです。
大)内径62mm×高さ158mm @187円(ロット125個)
小)内径62mm×高さ100mm @165円(ロット250個)
B アート紙缶白(大小)
白のアート紙で作ったeco缶、ギフト品などにおすすめです。
大)内径62mm×高さ158mm @176円(ロット125個)
小)内径62mm×高さ100mm @154円(ロット250個)
C ペット容器(大小)
軽いPET素材の容器、中身を見せたい商品におすすめです。
大)内径62mm×高さ205mm @132円(ロット168個)
小)内径62mm×高さ130mm @121円(ロット252個)
D ビン容器(小・フタ付き)
中身が200g以下の商品には、ビン容器で重さを調整します。
大)内径50mm×高さ115mm @121円(ロット120個)
E 貯金箱缶(上蓋タイプ)
ノベルティに最適な貯金箱缶(応パッケージ印刷)
大)内径70mm×高さ90mm @165円(ロット6000個)
F スチール缶(大小)
スチール素材のシンプルな缶、冷蔵の商品にも対応できます。
大)内径62mm×高さ158mm @176円(ロット120個)
小)内径62mm×高さ93mm @154円(ロット168個)

ロッカー自販機

月額レンタル料33,000円(税込)

ロッカー自販機は、大型商品の無人販売に最適です。電気を使わないため設置場所を選ばず、全面上部と裏面は大型の看板として利用できます。
商品の価格は各ロッカーのケーシング毎に最大600円まで設定できます。また、オプションの500円硬貨ケーシングを利用することで最大1,000円まで設定画できます。

15扉(3列5段) / 有効内寸法 幅225ミリ × 奥行428ミリ × 高さ236ミリ

酒自販機

月額レンタル料44,000円(税込)

酒自販機は、缶自販機に運転免許証・マイナンバーカードによる成人識別装置が設置されています。 成人識別装置は、商品ボタンの上段中段下段ごとにスイッチでON/OFFの切り替えができるので、 お茶やジュースなどのアルコール飲料の以外の商品は、年齢識別なしに販売することが可能となります。 オリジナル容器を使って、おつまみの販売も同時にできます。

酒自販機には、オリジナルステッカーが付いていますのでPR効果が望めます。

レンタル自販機でチャレンジを

アイデア次第で様々な商品を販売できるようになった魅力的な自販機ですが、 自販機を使って商売を始めるには、自販機本体を導入することこそが大きな障壁となります。 普通に自販機を購入すると、それなりにまとまった金額となります。 リースを組めば月々の支払金額は少なく抑えられますが、もう後には引き返せません。 残念ながら商売が思うようにいかなかったとしても、リース終了の日まで月々の支払いを行わなければならないのです。 また、メーカー保証期間を過ぎた場合には、故障などのトラブルも実費での対応となってしまいます。
素敵なアイデアがあっても、それだけのリスクを負って足を踏み出すのは本当に勇気がいることだと思います。

当社の取り扱っている「自販機SHOP」のレンタル自販機を使えば、 大きなリスクを背負わなくても自販機での新しい商売にチャレンジできます。 お店の営業時間外に販売員を雇うことと比べたら、レンタル料は意外すぎるほど安いと思います、

レンタル料は初年度のみ年額一括払いとなります。
(例)マルチラック自販機の場合

38,500円 × 12ヶ月 = 462,000円(税込)

自販機の設置・撤去、メンテナンス、修理費用、動産保険は全てレンタル料金に含まれています。 初年度のみ年払いとなりますので、まずは12か月分の料金だけご準備ください。2年目からは1か月単位での継続、解約が可能です。※1年後以降は、レンタルからの払い下げも可能ですのでご相談ください。

レンタル料は安いといっても大きな金額には変わりありません。
そんなに簡単にいくんだろうか?、 どれくらいの売上があればいいんだろうか?
自販機での商売を考えるなら、この数式にイメージを当てはめてみてください。

販売したい商品の粗利 × 1日の販売予定数 × 30日

この数字が月額レンタル料を上回れば、自販機を使った新しい商売をぜひ検討をしてみてください。 そしてまずは1年間試してみて、予定以上に売り上がったら今後もずっと続けて自販機での販売を続けていきましょう! 残念ながら試行錯誤しても予定通りの売り上げがなければ、そこで方針転換をして新たな販売にチャレンジしてください。

オプション

レンタル自販機には、オリジナルステッカーが標準で付いていますが、オリジナルデザインのラッピングも可能です。予算に余裕があるのであれば、絶対にやった方がいいと思います。 商品のイメージに合わせてラッピングを施せば、自販機そのものが看板として目を引き、通行人に興味を持ってもらえます。 トリックアートなどをラッピングすれば、それだけで集客効果を発揮することも望めます。
今や当たり前となった交通系ICカード決済や、QRコード決済、クレジットカードのタッチ決済などのキャッシュレス端末の設置も可能です。
キャッシュレス端末を設置することで、様々な販売価格帯でスピーディーな決済が可能となりお客さまを逃しません。
通信機能の備わったキャッシュレス端末を付けることによって、自販機の前に行かなくてもクラウド上でリアルタイムに売上の確認することができます。 また、在庫管理などもご利用いただけるサービスもあり、無駄の無い管理が実現します。

商品ダミーの陳列棚に15.6インチの液晶パネルを埋め込み設置することができます。
動画から情報を得ることが当たり前になった現在、 商品の使用方法や食べ方、こだわりなどをまとめたオリジナル動画やスライドショーを流し、 お客さまの視覚に訴えることで売上のUPが見込まれます。
動画の作成は、当社にて承ることもできます。

自販機を常に安心してご利用いただけるよう、年間3回のメンテナンスを当社のサービススタッフがお伺いして行います。 また、万一の故障の際もサービススタッフが対応いたします。
メンテナンスや修理にかかる費用は発生しませんので、安心して商売にご専念ください。
自販機での販売にもデメリットはあります。 商品の売切れへの対応がしづらかったり、 消費期限や賞味期限のある商品については、しっかりとチェックし管理する必要があります。 また、購入するお客さんの顔が見えませんので、お客さん情報の把握や分析をするのは難しいと言えます。
しかし、自販機の良いところを最大限に活用して皆様のアイデアを実現してみてください。 当社スタッフはそんなお手伝いをできたらと考えております。

導入事例

埼玉県の久喜市商工会様にご導入いただきました。
商工会の会員様が選りすぐりのお菓子や食品を冷凍販売されています。久喜市商工会の鷲宮支所は、アニメの聖地としても有名な場所でもあり、他府県からも多数のお客様が来場されているとのことです。

自販機はレンタルだけではなく、ご購入も可能です。リース組みも対応できますので、ご予算等をお知らせください。
展示会やイベントなど、短期での貸し出しもできますのでお問い合わせください。

販売したいものがコラムには入っても、取出し口から出せないなどの問題が発生することもあります。 あらかじめ商品が販売可能かどうかを実際にテストすることもできますので、お気軽にご相談ください。